口臭を抑えて良好な人間関係を築くにはどうすればいいでしょうか?

まず最初に、口臭を抑えるには食生活の高脂質化しないようにバランスよく野菜中心に食生活を整えることが肝要です。

 

夏にかけての時期に重なるようにして増えるのが口臭です。

これは温度もそうですが、年齢を重ねるとともに歯茎がやせてきて、生じたスキマに食べ物がはさまって腐ったりすることから、生じることが多いです。

ただし、歯槽膿漏や歯周病など、すでに本格的な歯の病気になっている場合は、歯科医できちんと治療しない限り、口臭の除去は無理です。

加齢臭と口臭、年齢を重ねることでその危険性も増えるようですが、改善方法はありますから、日々の生活から見直すようにしたいですね。

 

口臭は胃から?

胃が荒れているから口臭を発生させているのではなく、バクテリアが舌の奥に存在し、バクテリアが増殖していく段階で口臭の原因になっているのという事らしいのです。

そう言われれば、たしかにもし胃から出ている臭いであれば口からだけでなく、鼻からも臭いがでてくると考えられますね。

とするとバクテリア、つまり細菌がやはり口臭の原因と言う事になるわけですね。まずはバクテリアが増殖しないように清潔な口腔内を保つことが肝心です。

ただ、胃が酸性に傾いている時、つまり胃酸が多く出過ぎている時は、それを分解する酵素が活発になり口臭が発生することもあるという事です。

胃酸が多い時は、何らかで胃がトラブルを起こしていると考えられます。仕事や生活のストレスから胃を痛めてしまうこともよくありますね。

胃の調子が悪くなると、胃酸だけではなく、いつもより舌苔が黄色くて厚くなることがあります。このような舌苔の状態も口臭の原因になるそうです。

いずれにしても胃の調子を整えることは口臭予防につながると思ってよいでしょうね。

口臭が気になって食べ物を選ぶという体験は誰にでもあると思います。この後人に会うからニンニク系のパスタはやめておこうとか(笑)

そういうちょっとした心がけを普段から大切にしたいですね。

 

口臭と舌

口臭の原因のひとつとして考えられるのが舌苔(ぜったい)です。

舌の表面に付いている白っぽいもののことで、食べ物のカス、舌から剥がれた細胞です。舌の表面には絨毯のようなヒダがたくさんあるため、汚れが溜まりやすいのです。

これが舌苔となって口臭になるのですから、舌の汚れを取るしかないですね。舌苔を取るのに効果的なのが専用の「舌クリーナー」です。

舌クリーナー、もしくは舌ブラシを使って奥から手前に舌の表面をなぞります。

この時にあまり力を入れ過ぎると舌の表面を傷つけてしまうので注意しましょう。さらに舌の汚れをとるだけで大丈夫ということでもありません。

 

口臭は若い人(特に女性)だと気付きにくく、対人関係で悪影響を及ぼすことがあります。参考:僕が彼女の口臭を消すためにやった三つのこと

しっかり対処したいですね。