生活習慣の改善で痛風の症状をやわらげる

痛風の症状を和らげるには、専門医による薬物治療の他に、普段の生活習慣や食生活を見直すことで、症状を軽減することができます。

痛風にかかると、尿酸値が高くなります。痛風の症状を軽減するには、高くなった尿酸値を下げなければなりません。 普段の生活の中で、痛風の症状を和らげる方法について、ご説明しましょう。

お酒やビールを飲む機会が多い人、または晩酌をする人は、まずアルコールの摂取量を控える必要があります。

ビールをたくさん飲むと、体内にプリン体が生成されやすくなります。

アルコールは一切飲めない人は、関係ありませんが、ビールやお酒を飲むのが楽しみな人には、きついですね。

アルコールの摂り過ぎは痛風に限らず、生活習慣病や胃や肝臓疾患など、すべての病気の原因となりますので、控えましょう。

痛風は、体内で過剰に生まれた尿酸が血液の中にきちんと溶けきれないまま結晶化して、手先や足先の関節に沈着することで発症します。

これによって、激しい痛みをともない、ひどくなると赤く腫れ上がります。

健康な状態のときには、尿酸は、汗や尿などの水分と一緒に体の外に排泄されますが、排出がスムーズにいかない場合、または汗や尿の排泄量が少ない場合、体内に溶かしきれないほど多量の尿酸が生成された場合には、体内に残り、血液中の尿酸の量が増えてきます。

この状態をなくさなければなりません。 1日に2リットル程度の水を飲み、汗や尿の排泄を促すことで、尿酸がスムーズに排出されるようになります。

 

痛風にならないために

痛風にならないためには、痛風の予防を心がける必要があります。 痛風に1度かかると、症状が慢性化して、何度も発作が出る人が多いようです。

痛風の予防に役立つのは、水分補給です。 日ごろから水分をあまり摂らないと、血液がネバネバ・ドロドロの状態になりやすく、血管に血栓をつくりやすくなります。

このような状態を未然に防ぐためにも、水分補給は欠かせません。

とくに、真夏の暑いときは、太陽がカンカン照りになり、とくに激しい運動をしなくても水分がどんどん失われます。

汗をかくのは、尿酸の排出が促されていいことですが、体内に残る水分量が減少する恐れもあります。

汗として排出されなければ、尿となって排出されます。 つまり、体に余分な水分をどんどん出すことで、尿酸が出ていくので、痛風にかかりにくくなります。

汗の排出をスムーズにするために、夏の暑いときにはなるべく自然に汗をかくようにしたいものです。

室内で長時間エアコンをがんがんかけて足腰が冷えると体がむくみやすくなり、低体温質になると、体内に血栓などのかたまりができやすくなるので要注意です。

体がむくみやすくなると、体内の余分な水分が排出されにくくなるので、尿酸がたまりやすく、排出されにくい状態になるので要注意です。

体が冷えやすい人やむくみやすい人は、冷えとむくみの改善が必要です。

夜は、ぬるめのお風呂にゆっくりとつかり、下半身をゆっくりと体の芯まであたためること、お風呂から出たら、しょうが紅茶を飲むといいでしょう。

しょうがをすりおろして紅茶に入れて、ミルクとお砂糖を入れます。しょうがは、体内の毒素を排出する作用があります。

尿の排出をスムーズに促し、体をポカポカ温める作用があるので、痛風の予防・改善にもオススメな飲み物です。

痛風の基本的な知識をしっかり身に付けて、対策したいですね。

いびきをかかないようにするために

健康問題には色々なものがありますが、ある程度の年齢(特に中高年)に多いのがいびきです。

いびきは睡眠時無呼吸症候群をはじめとした様々な自身の健康問題に悪影響を与えます。

しっかり寝たつもりでもいびきのせいで呼吸が浅くなって体が休まらずに慢性疲労に陥る人は少なくありません。

 

これが独身であればまだ自分だけの問題で済むのでマシなのですが、既婚者ともなれば、さぁ大変。

いびきのうるささが一緒に寝ているパートナーにも迷惑をかけてしまい、朝起きると妻or旦那から小言をブツブツと延々と言われて気分が悪くなってしまいます。

 

私もいびきに悩んでいました。

かくいう私も数年前までは自身のいびき問題に随分と頭を悩ませていました。

悪気があっていびきをかいているわけじゃないのに、朝起きるとパートナーから「夜いびきがうるさすぎて全然眠れなかった!」と何度怒られたことか・・・

それであまりにも怒りをぶつけられるので、私自身も段々イライラしてきて「悪気があっていびきをかいてるんじゃないから仕方ない!」と言い返す始末。

こうなったら喧嘩は止まりません。

こうしたいびきが発端となったトラブルの事例・体験談はネットを探してみても沢山見つかるので、参考になるかと思います。

中には自分と全く同じような悩みを抱えている人もいるので勉強になりますね。

参考:いびきをかかない方法

 

しかし、いびき問題は悪気があろうがなかろうが、本人が自助努力しないことには改善しません。

それを痛感して以降、私は何とかしようと歩みだしました。

最初は全く点で効果がなかった私のいびき予防ですが、しかし、自身のいびきときちんと向き合ってしかるべき検査や治療を通じていびきを止める方法を実践したところ、あれほどうるさかったいびきは今ではほとんどかかなくなり、夜もぐっすり眠れるようになりました。

今回は私が実践したいびきをかかない方法を説明します。

いびきの原因

そもそもいびきをかいてしまう原因は肥満によって上気道が狭くなり、就寝中に吸い込んだ酸素が満足に喉を通れなくなってしまうことにあります。

人間は寝ている間は意識を失っているので舌べらが口から垂れ下がり喉に落ちるのですが、その際に脂肪で上気道が狭くなっていると、喉の空間に占める舌べらの割合が大きくなります。

すると舌べらが気道のあちこちと接触するようになり、就寝中に吸った空気が通る際に振動して音が出るようになります。

この音こそ、何を隠そういびきの正体です。

 

つまり、いびきを防ぐには上気道を狭めている原因の脂肪・・・つまり、肥満を克服することが一番の対策といえます。

たったそれだけ?と思うかもしれませんが、いびきをかかないようにするために一番大切なのはそれだけです。

もっと難しい専門的な扁桃腺の肥大や慢性的鼻詰まり、咽頭扁桃や顎の縮小、口呼吸や疾患、ストレス、加齢、アルコール、睡眠薬などなど、いびきに悩まされている人は難しく考えがちですが、ほとんどの人はいびきの原因が肥満であるといわれています。

 

その証拠に若い頃はいびきとは全く無縁だったのに中高年になって(太ってきて)から急にいびきをかくようになった、という人は少なくありません。

 

もしいびきをかく原因が肥満でなかったとしても、標準体重を超えた肥満は病気の温床となりますし、今後の生活のことを考えるとスリムな体であって困ることはありません。
現在いびきをかいていてそれを止めたいと思っている人は、是非肥満の解消から始めてみて下さい。

口臭を消すには

口臭を抑えて良好な人間関係を築くにはどうすればいいでしょうか?

まず最初に、口臭を抑えるには食生活の高脂質化しないようにバランスよく野菜中心に食生活を整えることが肝要です。

 

夏にかけての時期に重なるようにして増えるのが口臭です。

これは温度もそうですが、年齢を重ねるとともに歯茎がやせてきて、生じたスキマに食べ物がはさまって腐ったりすることから、生じることが多いです。

ただし、歯槽膿漏や歯周病など、すでに本格的な歯の病気になっている場合は、歯科医できちんと治療しない限り、口臭の除去は無理です。

加齢臭と口臭、年齢を重ねることでその危険性も増えるようですが、改善方法はありますから、日々の生活から見直すようにしたいですね。

 

口臭は胃から?

胃が荒れているから口臭を発生させているのではなく、バクテリアが舌の奥に存在し、バクテリアが増殖していく段階で口臭の原因になっているのという事らしいのです。

そう言われれば、たしかにもし胃から出ている臭いであれば口からだけでなく、鼻からも臭いがでてくると考えられますね。

とするとバクテリア、つまり細菌がやはり口臭の原因と言う事になるわけですね。まずはバクテリアが増殖しないように清潔な口腔内を保つことが肝心です。

ただ、胃が酸性に傾いている時、つまり胃酸が多く出過ぎている時は、それを分解する酵素が活発になり口臭が発生することもあるという事です。

胃酸が多い時は、何らかで胃がトラブルを起こしていると考えられます。仕事や生活のストレスから胃を痛めてしまうこともよくありますね。

胃の調子が悪くなると、胃酸だけではなく、いつもより舌苔が黄色くて厚くなることがあります。このような舌苔の状態も口臭の原因になるそうです。

いずれにしても胃の調子を整えることは口臭予防につながると思ってよいでしょうね。

口臭が気になって食べ物を選ぶという体験は誰にでもあると思います。この後人に会うからニンニク系のパスタはやめておこうとか(笑)

そういうちょっとした心がけを普段から大切にしたいですね。

 

口臭と舌

口臭の原因のひとつとして考えられるのが舌苔(ぜったい)です。

舌の表面に付いている白っぽいもののことで、食べ物のカス、舌から剥がれた細胞です。舌の表面には絨毯のようなヒダがたくさんあるため、汚れが溜まりやすいのです。

これが舌苔となって口臭になるのですから、舌の汚れを取るしかないですね。舌苔を取るのに効果的なのが専用の「舌クリーナー」です。

舌クリーナー、もしくは舌ブラシを使って奥から手前に舌の表面をなぞります。

この時にあまり力を入れ過ぎると舌の表面を傷つけてしまうので注意しましょう。さらに舌の汚れをとるだけで大丈夫ということでもありません。

 

口臭は若い人(特に女性)だと気付きにくく、対人関係で悪影響を及ぼすことがあります。参考:僕が彼女の口臭を消すためにやった三つのこと

しっかり対処したいですね。